My days of...

生活のことなど

UdacityでGitを学習中


gitの使い方をUdacityで学習中。

git logとgit diff ID_a ID_b の使い方を覚えた、つもり。

OS X El Capitanのgitはバージョンが2.4.9(Apple Git-60)。Udacityのgitの講座のバージョンは1.8以上なので問題なし。しかし、git logやgit diffをして、ログや変更箇所を表示した時に、その都度表示が崩れるというか、下へスクロールしづらい状態になったりして、いまいちな感じ。仕様?それともたまたまだから、再起動すれば大丈夫?とちょっと不安。

ところで、Udacityの動画は、講座によるのだろうけれど、1回1分から2分、長くても3分程度の細切れ型。Courseraの方は1回のビデオが10分程度となっている。どちらが優れているかは一概に言えないけれど、楽しい時間にはなる。

 

gitに慣れていなかったので、git logでログを見る際、新しい方が上に来ることに気がつかず、練習問題に手間取った。Apacheのログファイルを覗いたら、一番下に最新のものが書かれていたので、git logも同じかと思っていたのが原因。きちんと講義やその他のマニュアル等を読んである程度頭に入れないと・・・。

 

15時間でわかるGit集中講座

15時間でわかるGit集中講座

 

www.udacity.com 

www.coursera.org