My days of...

生活のことなど

Node.jsは入ってもnpmが入らない、ということは何が悪かったのだろう?


WindowsのPCにNode.jsのバージョン管理ソフトを入れて複数のバージョンを入れようとしたら、なんだか時間がかかった。おそらく、たまたま、かもしれないし、PCメーカーのせい?と言いたくなる感じの結論。

Windows PC(東芝Dynabook)にNode.jsを入れようとして、どうせならバージョン管理で複数入れたいな〜と思いたち検索。Macだとnodebrewなどでやるのですが、今回はWindows10。

検索すると、WindowsのNode.jsのバージョン管理にはnvm-windowsとnodistがあることがわかったので、とりあえずnvm-windowsを選択。

Windows における Node.js バージョン管理マネージャの選択(nvm-windows, nodist 等) - clock-up-blog

GitHubにあるnvm-windowsのページのDownload Nowよりnvm-setup.zipをダウンロードして展開。ダブルクリックでそのままインストール。

qiita.comこの記事も参考になります。

諸般の事情により、node.jsのバージョン0.12.xをインストール。nvmのコマンドだから

  • nvm install 0.12.x <- 適当

な感じでインストールしました。Node.jsはインストールでき、node -v をするとバージョンが表示されましたが、npm -vとやると、なぜかErrorに。pathが通ってないよう。Pathを通す必要ないとか書いてなかったー?と思い、最新版をインストールして試してみればいいかな、と考えてバージョン8もインストール。しかし、同様にnpmでエラー。

Path調べて、通せばいいじゃない、と思ったので、Windows10のPathに、node系のものが設定されてるのを確認し、それでなんで見えないのー?と思ってそこに設定されているファイルを見に行ったら、中身が入ってなかった。

npmが入らないから、パッケージのインストールができないなぁ、と思ったので、結局nvm-windowsをアンインストール。

結局、nodistを入れ直して、node.jsを入れたら、今度はnpmもきちんと入ったので、めでたしになったのだけれど、理由はさっぱり。

github.com

どちらもインストール用のファイルが用意されているので、クリックだけで簡単にインストールできて便利。